福岡ナンパブログ ~それゆけM太郎~
福岡のナンパ師 M太郎の奮闘記です
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
M太郎vs濁 ~アポ編~
(あらすじ)

濁とコンビでバンゲした女の子とのアポに行ってきたM太郎。

が、しかし、二人とも同じ女の子からバンゲしていたのだ。

バンゲ後、3日でゲットした濁。

その4日後、M太郎もアポを取り付ける。

事実上のM太郎vs濁

果たしてM太郎はゲットできるのか!?
(前回記事はこちら



6月下旬 福岡天神にて


待ち合わせ場所につき、女の子を待っていた。

時間になり、女の子からメールがくる。


 女「ごめん。30分遅れる」


まぁよくあることだ。


M太郎も無駄にナンパ歴は長いので

普段はアポ程度で緊張することはないのだが

絶対にゲットしなければならないというプレッシャーで

少し脈が高いというか、若干の緊張状態にあった。

ナンパはじめた頃のワクワクとドキドキを味わっているようだった。


約束の時間を30分過ぎようかという頃

無事女の子と合流。

正直顔はあまり覚えてなかったが

濁が言っていたとおり結構かわいいレベルだった(スト4くらい)

ただ、20歳と若いので、M太郎がアポる女の子とは

若干感じが違った。


会った瞬間、まずは服装がかわいいことを褒めたり

少しテンション高めで、楽しい雰囲気を作る。

何事も最初が肝心だ。


で、まずは飯。

少し年齢層の高い落ち着いた個室居酒屋へ連れて行った。

お酒を飲みながら徐々に世間話からエッチを意識するトークに切り替え。


 M「芸能人誰が好きなのだ?」

 女「○○だよ。」

 M「もし○○とのキス会みたいなのがあったらいくかなのだ?」

 女「絶対いくw」

 M「じゃあ○○に抱かれる会だったらどうなのだ?w」

 女「うーん・・・行くかもw」

 M「○○ってどんな感じで抱くんだろうねなのだ?w」

 M「攻め好きっぽい感じではありそうなのだw」

 女「そーねw」


今回は女の子が好きな芸能人に抱かれることを

具体的にイメージさせることによって

女の子の脳内をエッチなイメージにしようとしたが

ぶっちゃけあまり切り替わっていないようだった・・・

これ以外もいくつかエッチ意識トークをしたが

まぁまぁ談笑レベルで終了。

ただトークの合間のボディタッチは嫌がらないので、

次の場所で決めれそうな感じだった。


居酒屋を出て、カラオケへ。

個室に入って一服した後、ギラつき。


 M「でも××ちゃんってほんとかわいらしいのだ」

 女「そんなことないよーw全然かわいくないし」


頭を撫でるM太郎。

女の子は嫌がらない。


 M「もうちょいこっちくるのだ」


女の子の体を引き寄せ、密着状態に持ち込む。

が、しかし、ここでグダw


 女「ちょっとwチャラいよw」

 M「あ、ごめんごめんなのだw」

 M「でも××ちゃんに魅力を感じてるからついついなのだw」


おいおい色かよwみたいなツッコミが聞こえてきそうだが

今回は絶対にゲットしなければならないアポ。

なりふりかまってはいられないのだ。


 M「チャラいっていうけど、M太郎は××ちゃんとお近づきになりたいのだ」

 M「そこは純粋な思いなのだ」


女の子を抱き寄せては弾かれつつ解放を続けるM太郎。

少し女の子が疲れた隙に、キスしようと試みる。

ぶっちゃけ、こういうグダ崩しは言葉だけでスムーズに決まることは少ない。

大抵は乱戦。言葉と体両方を駆使してある程度粘りが必要だ。

嫌々でも一度キスをしてしまえば

それをキッカケに崩れる女の子は多い。

それを狙ったのだが・・・


 女「ちょっとほんとに怒るよ」

 M「ぬぉ!!(●ω●;)」


よくない方向にいってしまったようだw

この時点でゲットはほぼ無理かなと確信したM太郎。

時間的にも、一度休憩を挟んで次がラストギラになるだろう。

しばらく言葉だけの解放トークに切り替え

ある程度時間がたったところで再度ギラ。


グダw


もう少しお酒を飲んで、時間も長く取れれば

逆転の可能性はあったかもしれないが

これ以上は嫁に怪しまれるので

この辺で撤退。


M太郎vs濁の勝負は

濁の圧勝で幕を閉じたのであった・・・

無念・・・


帰りは女の子を送っていったのだが

あまりいい空気ではなかったので

最後にぶっちゃけトークを放り込む。


 M「今日はごめんなのだ・・・いやだったか?なのだ」

 女「いやって言うか、こわいw」

 M「そうだよねなのだ・・・」

 M「てかM太郎はぶっちゃけ言うと○○なのだw」

 M「でもそれを言うと怪しまれるから言わなかったのだ」

 女「そーなん?全然引かないよwむしろそう言ってくれればよかったのにw」


意外にぶっちゃけトークが効果を発揮し

空気が回復したどころか、以前よりも仲良くなることができた。
(ここだけは今回の見所であるw)

次回アポもつながったので、次こそはゲットしてやるのだ!

それまではM太郎じゃなくてカス太郎と呼んでくれなのだ!






ナンパあんてな


スポンサーサイト

テーマ:ナンパ - ジャンル:恋愛

M太郎vs濁 ~アポ取り編~
6月下旬 福岡天神にて


今回は濁とコンビでバンゲした女の子とのアポに行ってきたのだ。

コンビでバンゲといっても、二人とも同じ女の子からバンゲしたのだ。

ちなみに濁はバンゲ3日後に準即を果たしている。

まぁ言うなれば、今回のM太郎のアポは

M太郎と濁のタイマン勝負みたいなもんなのだ。


今回の記事はアポ取り編。


まず、M太郎はバンゲした日に5日後のアポを取り付けた。


 M「やほ^^M太郎だよーよろしくね」

 M「○○ちゃん休みは週末?」

 女「週末だよー^^」

 M「そうなんやね。土曜の夜、飯でも行かない?」

 女「土曜は予定はいってるんだよー(T-T)」

 M「そっか・・・平日はどうかな?仕事終わるの遅い?」

 女「早番の日なら大丈夫かも^^」

 M「了解^^じゃあ金曜はどうかな?」

 女「大丈夫だよー!」

 M「OK!ちなみに何が好き?」

 女「××が好きかな」

 M「了解!おいしいとこ探しとくね^^」


話は脱線するが、M太郎はよく心理テクニックを使う。

まず土曜の夜に断らせているところだが

人間は一度断ると相手に悪いなという感情が沸くので

次の約束をOKしやすくなるのだ。

「平日はどうかな?終わるの遅い?」という質問にも

実は少し秘密が隠されていて、こういう質問をすると

相手は平日に遊ぶことを前提に終わるのが遅いか早いかを考えるのだ。

で、最後の「おいしいとこ探しとくね」は念押し。

後日キャンセルしたい気持ちが女の子に芽生えたときに

相手が店まで考えているという後ろめたさがちょっとしたブレーキになるのだ。

まぁアポれるかどうかは、自身の魅力が一番なので

こういった心理テクニックは逆転満塁ホームランほどの効果は無いが、

送りバントくらいの効き目はあるだろうと思う。

今度心理テクニックで1つ記事を書こうかな。


M太郎がアポを確定させた2日後に

濁がゲットしたという情報を仕入れる。

そのことで、ドタの懸念がよぎった為

アポの前日に念のため確認することに。


 M「明日は大丈夫そう?」

 女「明日は仕事が長引きそうだから無理かも・・・」


食いつきさがっとるw


 M「おいしい店みつけたし、長引かんといいね^^;」

 女「そうだね。でも長引きそうな予感するかも・・・」

 M「翌日は予定早いの?」

 女「うん。友達と朝から遊びに行くの。」

 M「まぁM太郎はちょっと遅くなっても大丈夫やけん、次の日に影響ないようにしよっかね^^」

 女「分かった。また連絡するね。」


相手の罪悪感と要求を軽くすることで

何とかアポを実現させようと思ったが

流れる空気になってしまった。

確認したのが仇になったか・・・


で、ドキドキのアポ当日。


 女「今日は仕事が遅くなるので厳しいです・・・」

 M「(あらら^^;やっぱり)」


が、この後のやり取りで、何とか2日後にアポを取り付けたのだ。

次回はアポ編書きます。






ナンパあんてな


テーマ:ナンパ - ジャンル:恋愛

久しぶりのゾンビナンパ
6月上旬 福岡天神にて。


この日は土曜日。

焼肉さんが熊本から遊びに来るということなので

M太郎も合流のために街へ。

焼肉さんは部下を2人連れていて

4人でクラブに行くことになった。


クラブは特にいいとこなし。

というか若者はクラブでナンパをするのが普通らしいが

逆にM太郎はクラブでナンパするのが苦手だ・・・

まずうるさいのがダメだし。

ドリンクの注文の時に割り込んだりとか

マナーの悪さも非常に不愉快になってしまう。

何というかクラブで飲んで踊ってうぇーいみたいなノリは

ダンディズムから離れているような気がして

M太郎は受け付けないのだ。


まぁ焼肉さんもそんな感じなので、早々にストリートへ。

ぼちぼちナンパしていると、路上に暇そうに立っているギャルを発見。

すかさずナンパ。


M「なんしてるのだ?(・ω・)」

女「今から飲み行く(^ω^)」

M「一人?(・ω・)」

女「うん(^ω^)」

M「一緒行くのだ(・ω・)」


でバーに連れ出し。

浜崎あゆみ似の30歳子持ちギャルで

何となくやれそうな雰囲気だったので

3Pを期待しつつ焼肉さんを召喚。


3人で話してたのだが、

女の子がちょっとおかしいというか

あまり知的レベルが高くないことに気づくw

会話が成り立たないので、焼肉さんは飽きたらしく1時間くらいで退却w

M太郎はナンパした本人なので、バー閉店時間(5時)まで粘って

カラオケ打診を続けたが、最後まで帰るグダを崩せず・・・

でも次回あったときにゲットさせてくれるらしい。


多分うぇーいみたいなノリが得意なナンパ師だったら

即れていたんだろうと思う。

M太郎は誘導トークが得意なので

話が通じない女の子には弱いなと感じた。

まぁそんな子はあまりゲットしたいとは思わないのだが。


バーを出て、焼肉さん一行が中洲に居るとのことだったので

ちょっと顔を出して帰宅。

朝6時を回っていたが、嫁が起きてなくてよかった^^;

久しぶりのゾンビナンパで体力的にも精神的にも疲れましたw


結果:20声かけくらい 1連れ出し 2バンゲ


②

※画像はバー連れ出しの女の子






ナンパあんてな

テーマ:ナンパ - ジャンル:恋愛

はんず氏と合流
6月上旬 福岡天神にて。

28歳OLアポの翌日。

19歳フリーターから逆アポが来たので食事に連れていったのだが

全然ダメでした。

M太郎は若い子に弱いなと感じる・・・


それはそうと、名古屋のイケメン貴公子はんず先生が

福岡に居るとのことだったので、

その翌日久しぶりに再開してきた。


はんず先生と合流直前。

うっかりナンパしてしまった女の子が居て、

タイミング良いのか悪いのか暇とのこと・・・

はんず先生も到着したとのことだったので

とりあえず3人で食事に行くことに。


久しぶりに会ったはんず先生は

やっぱりいい具合にくだけた雰囲気で

いい感じだった。

本人はもうおじさんだと言うが

M太郎の方がぱっと見おじさんでしょうw
(女の子もそう言ってたし)


食事の後は、女の子をノーグダで放流し

ノラさん、Sad君、濁とピザ屋でまた食事。

ナンパ師ならちょっとはゲットの方向に持っていけよと思われそうだが

こういう時は男同士のコミュニケーションが大切なのだ。


そのあとはんず先生とぶらぶらして

美味しいアイス屋を紹介して

また会いましょうということで帰りました。


はんず先生。また飯でも行きましょう。


結果:1声かけ1バンゲ






ナンパあんてな

テーマ:ナンパ - ジャンル:恋愛

美味しい食事とお酒とOL
6月上旬 福岡天神にて。


平日だが仕事後に出る。

リハビリナンパ時に声をかけた28歳OLとのアポだったのだ。

待ち合わせに遅れず来る女の子。

大体女の子は遅れて登場するもんだが

この子は時間を守れる良い子だった。

まぁただしっかりしている女の子は

なかなかゲットしにくかったりするのだが

まぁでもM太郎的には、意志の弱い子を何となくゲットするくらいなら

グダられたとしても常識ある良い子にチャレンジするほうが良いと考える。


女の子が和食が好きと言うので

和食の個室居酒屋へ行くことにした。

多少値が張る店だが、店内もうるさくなく

料理もおいしい店だ。

M太郎は普段から飲食店チェックをしているので

このへんは抜かりないのだ。


居酒屋では当たり障りのない世間話から

徐々にエロトークへ持っていく。

今回は彼氏が居ると言っていたので

彼氏とのプレイから今までの体験談を中心に

M太郎もあなたとのエッチに興味があるんですよみたいな感じを

匂わせながらトークを展開していった。

M太郎の誘導トークがバッチリ効いたのか

女の子が元々エッチなのか
(おそらく後者だろうが・・・w)

服の上から冗談っぽい感じの足コキまで持っていけたので

この時点でゲットを確信。


居酒屋を出た後は、ノーグダでラブホへin

で、ゲット。

意外と責めずきな女の子だった。

①


※ビビリなので加工が多いですがすいません。。。


結果:1ゲット






ナンパあんてな

テーマ:ナンパ - ジャンル:恋愛

ファッションについての考え
こんばんわ。M太郎なのだ。


6月最初の週末は嫁と過ごした。

日曜日にショッピングに行ったので

ファッションについて書こうと思う。


ナンパは基本的に見た目が良いほうが有利なので

ナンパする上でファッションは非常に重要な要素であることは

十分知られていると思う。


それに女の子はファッションに敏感なので

自身のファッションセンスを磨いておくほうが

ナンパしたときの話題作りにもなるし、絶対に良いのだ。


「じゃあM太郎よ、どんな服を着ればいいんだい?」


という声が聞こえてきそうなので、M太郎の考えを述べると


似合ってればなんでもいい


というのが答えだw

それだとあまりにも雑すぎるので、少し具体的にしていこう。


まず、ファッションで大事なのは

言わずもがな「清潔感」である。

窮屈な電車に乗っているところを想像して欲しい。

スーツに白いYシャツ姿のサラリーマンが

2人近くに居たと仮定して

Aさんは襟が黄ばんだヨレヨレのYシャツを来ている。

BさんはアイロンがかけられてシャキっとしたYシャツを来ている。

否応なしにどちらかに密着しないと電車に乗れない場合

100人中99人はBさんの近くの方がマシだと感じるだろう。

清潔感とはそういうことだ。


M太郎的におすすめと感じるアイテムは

ブルーもしくは白のシャツに

爽やかな色みのストールだ。

まず女の子はシャツの男が好きだ。

それにストールを巻いているとオシャレに見えるらしい。

これはM太郎がナンパした子からヒアリングしてきた結果だ。

インナーはネイビーかグレーのタンクトップ

下半身はブルーデニム+白いスニーカーとかで

十分爽やかだろう。


ただし、ダンディナンパライフにおいては

やはりファッションもこだわりを持つべきだと思っている。

M太郎はナンパ云々を抜きにして

オシャレが大好きなので、月に数万くらい

ファッションに金をかけている。

M太郎のコーディネートはおいおい話すことにするが

時計なんかは某ブランドの限定モデルを購入し

代金はローンで払っているw

ただ、女の子はあまり知らないブランドなので

食いつくのは男ばっかりなのだが・・・

カバンや靴は革製品が多いので

メンテナンスグッズを買って、2週間に1度くらいは

クリームを塗って綺麗に保つようにしている。

ちなみに今日はストール(青、緑)と

マスタード色のドライビングシューズ

花柄の短パンを買いました。


自分がこだわりを持つことによって

女の子が良いブランドのバッグを持っていたときなど

それを話題にナンパすることもできる。

時には女の子からアドバイスが欲しいと

連絡がくるようにもなるのだ。
(先日M太郎は柴咲コウ似の33歳から、彼氏へのプレゼントのアドバイスを求められた)


ファッションを磨くことはナンパの成功率にも大きく影響するので

試行錯誤しながらこだわりのあるファッションセンスを

身に付けていければ良いのだろうと思う。

そこがまた楽しかったりもするのだ。





ナンパあんてな

テーマ:ナンパ - ジャンル:恋愛

合流
5月下旬。福岡天神にて。


この日は金曜。百貨店で働く女の子とアポがあったため

7時に天神へ。

30歳ショップ店員。

ロリ顔のため、23歳位に見える。

アポ内容は飯&車で家へ送迎。

会話は終始女の子に喋らせる感じで食事を楽しむ。
(楽しむといっても、某オムライス屋なのだが・・・)

食事後は家まで送迎。

ちなみにノーギラで、既婚者であることもカミングアウトした。

なぜそんなことをするのかはおいおい話すことにしよう。


アポ後街へ戻り、お初のヤスと合流。
(ヤスのブログ:http://nanpa1215.blog.fc2.com/)

ヤスは始めてまもないので、色々と感じているところを聞いてみた。

まず、ガンしかが続くと心細いということ。

あとはナンパの時に焦ってしまうということらしい。

確かにM太郎も最初のうちは無駄にネタを考えてみたり

焦りのカミカミマシンガントークをしていたなと懐かしく思う。

ヤスのナンパを見ていたが

普通に女と和める場面も多々あったので

あとは常に平常心をキープできるくらいに慣れてしまえば、問題ないと感じる。

とは言っても、言うは易し行うは難しで

M太郎も腰の調整が悪くて、気分が乗らないときに

すぐカフェ休憩に走ってしまうところがあるので注意したい。


ヤスと別れて、ちょこっと用事。

帰ろうかと思ったところに、キャバの女の子から逆アポ。
(ストリートで声をかけたキャバ子なのであしからず)

中洲のクラブ(踊るとこ)に一緒に行こうとのことだったため

行ってみたら彼氏が居り、なぜかM太郎に紹介するキャバ子w

とりあえずM太郎はキャバのボーイという設定で乗り切りました。

ちなみにキャバ子はベロンベロンに酔っ払っていました。

まぁクラブの代金はキャバ子が出してくれたからよしとしよう。





ナンパあんてな

テーマ:ナンパ - ジャンル:恋愛

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。