福岡ナンパブログ ~それゆけM太郎~
福岡のナンパ師 M太郎の奮闘記です
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
プロの仕事は気持ちがいい
こんばんわ。M太郎です。

秋用に買った薄手のニットがあるのだが

寒暖の差が激しすぎて全く着る機会を失ってしまった。。。


さて、先日嫁と出かけた時の話だが

M太郎はガソリンを入れようとスタンドに立ち寄った。

そのとき20前後の若者が対応したのだが

 「後ろタイヤの左側が空気はいってないですね」

 「ちょっと見てみましょうか」

といわれたので、点検をお願いしたところ

タイヤに亀裂が入っていて、空気が漏れていたことがわかった。

若者はタイヤの交換をお勧めしてきた。

しかも一本だけ交換するとバランスが悪くなるので

後ろのタイヤ2本とも変えたほうがいいと言われた。

この提案にM太郎は快諾し、タイヤ交換を行ったのだ。

もちろんタイヤ2本変えるのが

セールストークかもしれないと思ったが

まぁM太郎は車の知識もあまりないし、

まず、他のスタンドの店員は見つけきれなかった

タイヤの不具合を即座に発見し、スピーディに点検をし

自信を持って解決策を提案してきた若者に対して

こいつはプロだと思えたからである。


M太郎の周りにもプロがいる。

先日わけあって先輩に不動産屋を紹介してもらったのだが

先輩に紹介してもらいたい旨の電話したとき、先輩は寝ていて

M太郎の電話で目を覚ましたようだった。

にもかかわらず、電話を切った3分後には

「いつでも連絡していいよ」とのメッセージと

不動産屋の電話番号をlineで送ってもらった。

普通そういう状態の人間は電話を切ってまた寝るだろう。

そして良くても翌日か、電話を忘れていて

もう一度M太郎からお願いするというのが

世間一般の流れだろうと思う。

それが、先輩は寝起きにもかかわらず、

すぐに不動産屋へ電話した

不動産屋もその場で快諾したのだろう

そういうやり取りを想像し、M太郎は何ともいえない

気持ちよさを覚えたのだ。

スタンドの若者もそうだが、プロの仕事を目の当たりにすると

気持ちがいいのである。

もちろんこのlineを受けすぐさま不動産屋へ

挨拶の電話を入れ、その旨とお礼を先輩に報告。

プロの対応を提供してもらって

M太郎も恥ずかしいことはできないのである。


今回の記事はナンパとはぜんぜん関係ない話だが

こういう意識は大事だと思っている。






ナンパあんてな

スポンサーサイト

テーマ:ナンパ - ジャンル:恋愛

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://mtaro2013.blog.fc2.com/tb.php/42-1d3752fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。